NEWS & BLOG

NEWS一覧

2021/06/28 松阪

Ford owner‘s photo series Vol.1

こんにちは!!フォード松阪です!!

 
 
 
MUSTANG BULLITT 完売致しました!!

にてお客様から頂きました写真をご紹介させていただきました所

とても反響がよくシリーズ化させていただきます!!

 
 
~ Ford owner‘s photo series ~
弊社のお客様で、お乗りいただいておりますお車の

●カッコイイ!!可愛い!!

●車×風景            など、、、

お乗りいただいているお客様だからこそ撮って頂ける

素敵なお写真をご紹介させて頂きたいと思います!!

 
 
記念すべきVol.1は マスタングオーナーのO様から
お写真を頂きましたのでご紹介させていただきます!!

 
 
 
 
 
レースを走るかのようで、今にも走り出しそうです!!

ピカピカつるつるで光沢感が最高です!!

とても綺麗にメンテナンスされておりマスタングも喜んでいますね!!

 
 
 
石川県へご旅行に行かれたそうで

 
千里浜なぎさドライブウェイ
石川県にあるこの場所は日本で唯一、車で走れる砂浜道路(全長約8キロメートル)だそうです!!

 
 
 
 
もちろん三重県でも素敵な写真を沢山撮られています!!

 
獅子ヶ岳
 
 
 
三重県の自然や風景とマスタングのお写真で

私達が知っている景色がとてもより良く見えます!!

 
マスタングのカッコよさを良く知って頂いている

O様だからこそのお写真ばかりで素敵です!!

 
またご来店の際にもお話やお写真を拝見させてくださいね!!

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FORD MATSUSAKA

〒515-2121 松阪市市場庄町1148-1

TEL:0598-56-5220   MAIL:matusaka@f-l-c.jp

2021/06/26 四日市

納車待ちのFour Focus

 
この週末から順次お客様のもとに旅立つ4台のフォーカスをずらりと並べて記念撮影しました♪

ご覧にように手前2台はRSレッドエディション、白はRS、そして一番奥はSPORTです。

たて続けにRSのご用命があり、とうとう弊社のレッドエディションが完売となってしまい、機械式LSDの付いたモデルは在庫がなくなりました。

手前から3台目に写っているホワイトのRSは残り少なくなりましたが在庫ございますので、MTで乗れるハイパフォーマンスの4WDハッチバックが欲しいという方は是非ともお早目に!

これらの4台のフォーカスのご納車の際のオーナー様との記念撮影のギャラリーがこれから掲載されていきますので、そちらの方もチェックお願いします!

 
 

2021/06/21 松阪

FORD PERFORMANCE クロノウォッチ

こんにちは!!フォード松阪です!!

 
弊社はフォードグッズも取り扱っております!!

本日は ”FORD PERFORMANCE クロノウォッチ”をご紹介させていただきます!!

 
 
腕時計に詳しい方であれば、“クロノ”と聞いたらわかるそうですが、、、

 
クロノグラフとは

クロノグラフとはギリシャ語で 【 時間 】を意味する『Chronos』と

【 記す 】を意味する『Graphos』の合成語で、
時間を計測するストップウォッチ機能、

あるいはストップウォッチ機能が搭載された腕時計を指します。

 
某有名な腕時計メーカーにも使用されている機能だそうです!

 
そんなクロノ機能がある “FORD PERFORMANCE クロノウォッチ”です!!

 
※在庫に限りがございます

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FORD MATSUSAKA

〒515-2121 松阪市市場庄町1148-1

TEL:0598-56-5220   MAIL:matusaka@f-l-c.jp
 
 

2021/06/18 四日市

フォードオーナーが納車に駆けつけてくれました!

梅雨時期のつかの間の快晴の日、フォーカスSTをご購入いただいた若きオーナーを祝福すべく、ヨーロッパ・フォードのクルマをこよなく愛するオーナーの方々が全国から駆けつけて下さいました。

今回ご納車日に合わせ、日頃ヨーロッパ・フォード・ミーティングに参加されている方々の一部がフォード四日市に集まることになり、台数も13台となることから弊店の店舗敷地内だと手狭な為、バックヤードの駐車場をお使い頂きました。

お集まりの台数が思った以上に多くなったので、ちょっとしたオフ会の規模となりとても賑やかになりました。

当日は雨の予報で実際小雨も降っていたのですが、すべてのお車が揃った頃にはご覧のように快晴に!

各世代のフォーカスを中心にフィエスタ、クーガと一堂に会しとても嬉しかったです♪

ずらっと並んだフォード車が壮観でプチ・ミーティングといった感じです。

ブルーのボディカラーが多いですね・・

(当日は感染予防に配慮していただき常にマスクを着用いただいておりましたが、記念撮影の際だけ一瞬外して素敵な笑顔を見せて頂きました。)

 
店舗でのご納車の説明の間、こちらの会場で待ってらっしゃる皆様は思い思いに談笑され、会場にご用意した新規導入のPUMAをご覧いただくことが出来、よいお披露目となりました。

ネット等で見るのと、実車を見るのとでは随分印象が違うと話される方が多く、デザインやサイズ感など好印象のようでした。

ご納車を終え、皆様が待つ会場に登場した真新しいフィエスタST。 早速メンバーの方々が囲んで新たな仲間とクルマについての話題で盛り上がりました♪

ピアノのように輝くシャドウ・ブラックが眩しいです!

この度ご購入頂いた方はお父様の影響でフォードの車に関心を持って頂き、この度初めての愛車にこのフィエスタSTを選んで下さいました。

こうして、同じ趣味を持った者同士が情報交換をしたり、新たな仲間迎えたりと本当に素晴らしい交流の場となりました。

今回お集まりのメンバーの方は、すでに弊社でお車をお買いいただいたお馴染みの方も居れば、今回初めてお会いした方、以前のミーティングでご挨拶させていただいた方・・たくさんの方とお目にかかれ貴重なご意見を頂き本当にありがとうございました。

最後には、冒頭に掲載した集合写真を撮影♪

メンバーのお一人がこの日の為にご用意されたお手製のフォードロゴ入りのキーを持ったフィエスタSTのオーナーを囲んでの記念撮影。

ご参加くださった皆様、当日は暑い中お疲れ様でした。

またお近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

2021/06/17 岐阜

汽車のように早く、そして馬のようにどこへでも走れる乗り物がほしい

こんにちは。フォード岐阜の豊田です。

さかのぼること113年前の6月16日。ヘンリー・フォードが現在も続く「フォードモーター」を設立した記念すべき日。

実は自動車って、もともと蒸気で走る自動車や電気で走る自動車の発明の方が早く、ヘンリー・フォードがガソリンエンジンの開発に没頭している時代にも多くの人が自動車の研究をしていました。

例えばグラハム・ベルの電話の発明とかと違い、自動車の発明は「できた~!自動車を発明しました!」という感じではなく、自動車は何十年もの間、多くの人の手によって進化していったものなんです。



 
ヘンリー・フォードは【自動車の育ての親】と言われていますよね。自動車を発明した!というわけではないんです。ヘンリー・フォードがなしえた偉業。それはライン生産方式の大量生産によって価格を下げ、当時富裕層だけが所有できる自動車を一般の人にも購入できるようにしたこと。今では当たり前のことですが、当時は多くの時間を費やして、作業員が一人で1台作っていた時代。大量生産に成功するなんてすごいことです。そのおかげで、1920年には全米の自動車の50%がT型フォードだったとか・・・。私たちがいまや普通に自動車を手に入れることができるのは、こうした歴史があるからなんですね。



100年以上も世界で走らせているガソリンエンジンの自動車。発明した人たちもすごいなあと思うけど、「自動車」というものを実用的にそしてこんなに長い間、世界で使われ続けているなんてすごいなあ・・・って思います。

資源の少ない日本では、ガソリンも昔に比べたら高騰し続けて、「リッター○○円」に一喜一憂しているけど、もし、あの時ガソリンじゃなくて、蒸気や電気で走る自動車が主流となっていたら・・・。現代の様子もまた違ったものとなっていたのね。きっと。

 
そして、今後自動車産業も大きく変わっていきそうです。資源の有効活用、CO2排出量の削減、環境問題、人口減少、IT化、自動運転などなど、いろんな影響をうけて地殻変動並みの変化となるかも・・・。

フォードも2014年から電気自動車に取り組み、Mustang Mach-E(マスタング・マッハE)など気になるクルマが続々発表しています。最近では「2022年、ハイブリッドV8も発表なるか??」「F150にも電気自動車モデルが追加されるかも??」なんてニュースも飛び交っていますよね。

さあ、新しい「フォード」に大きく期待しつつ、みなさまにはより良いカーライフを送って頂けるよう私たちも努力していこう!

そんな思いを抱き、今年の6月16日は静かに過ごした1日でした。今年は定休日でしたので(≧▽≦)

 
新しい生命の誕生は、何かこれまでと違った新しいものの誕生である。これと完全に同じものはかつて存在しなかったし、今後も決して存在しない ≪ヘンリー・フォード≫

 
 
 
 
 
 
 
ページの上部へ戻る