NEWS & BLOG

NEWS一覧

2021/04/30 岐阜

「昭和の日」に昭和を語る

こんにちは。フォード岐阜の豊田です。

いよいよ4月29日「昭和の日」からゴールデンウィークに突入しました。と言っても今年は30日が平日ですが(^^;)

「昭和の日」はもともと昭和天皇のお誕生日で、1988年(昭和63年)までは天皇誕生日と定められていましたが、平成が始まると「みどりの日」となり、2007年からは「昭和の日」と変わったのです。皆さん知っていました?

「昭和の日」ってなに?って聞こえてきそうですが、
「昭和時代に起きた様々な出来事を振り返って、今後にいかす日」と言われています。

昭和は、1926年12月25日から1989年1月7日までと実に長く激動の時代でした。そんな昭和時代を語り合う日なんですよ。昭和生まれの私には何となくしっくりくる「昭和の日」です。



昭和初期・・・

今から90年以上も前の1925年(大正)にヘンリー・フォードは横浜の緑町に日本フォード社を設立しました。そして1927年(昭和)には日本初の本格的な自動車組み立て工場を建設したのです。最初はT型フォードの左ハンドル仕様を、その後A型フォードを生産しています。ええっ!(@_@)そんな昔に日本フォードという会社があったのですか・・・。(@_@)

部品はすべて本国アメリカから運び、組み立てのみを横浜で行うというノックダウン生産を採用したので、当時は横浜製とか言われていたようです。

確かに効率もよいしコストも低くなりますよね。ヘンリー・フォードはアジア地区では日本が自動車の中心となると考えたようです。そして日本で組み立てられた自動車はアジア各地で販売されたのですよ。


昭和初期にフォード車が日本の地で作られていたとは、びっくりです!!う~ん・・その当時のカタログを見てみたいものです(≧▽≦)

ということで「昭和の日」はすぎてしまいましたが、フォード岐阜は5月5日まで【GWフェア】を開催中!もちろんサービス工場も営業中!コロナ対策はしっかりしておりますので、ぜひご来店ください。

 
★EXPLORER★MUSTANG★MONDEO★FOCUS★FIESTA★PUMA★

5月5日までのGWフェアでは、展示車在庫限りプライスダウンしています。

詳しくはスタッフにお問い合わせくださいね

 
 
 

2021/04/29 松阪

FORD PUMA

 
こんにちは!!フォード松阪です!!

 
今回は、先日入庫致しました、PUMAをレビューしていきたいと思います!!

 
 
 
 

ーフロントー

 
ーサイドー

 
ーリアー

 
ーホイールー

フォードの新世代デザインアイデンティティ『Sexy Sanctuary』というコンセプトにより、

スタイリッシュでスポーティで魅力的な新しいプーマはコンパクトクロスオーバーとなって戻ってきました!

 
 
 
ーエンジンルームー

排気量:999㏄  Eco Boost  Hybrid 5MT  のエンジンルーム!!

フォードエコブーストエンジンは、

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーアワード

6回受賞している世界で評価を受けた優れたエンジンです。

 
 
ー運転席ー

 
ー後部座席ー

 
 
ートランクルームー

↑開けると中にはMega Boxが!!

Mega Box は2つのゴルフバッグを直立した位置に収容する広さがあります!!

 
ートノカバー

トノカバーによってトランクルームのお荷物を隠してくれます!!

バックドアに付いているので荷物の出し入れの邪魔になりません!!

 
 
 
シート・ハンドル・ドアの内張りにはレッドカラーのステッチが入っており

スポーティさが演出されています!!

 
 
メーターパネルにPUMAが現れます!!

 
デジタルインストルメントークラスターは12.3インチ カラーLCDディスプレイにより

直観的で読みやすいアイコンを使用して高解像度で表示されます。

 
ーSYNC3ー

SYNC3は、Apple Car Play と Android AutoそしてBluetoothが接続できます!!
電話、ナビゲーション、音楽などが楽しめます!!

 
ーバックカメラー

 
ースピーカー

7スピーカー(フロント4、リア2、センタースピーカー)とても音が綺麗に聞こえます!!

 
シグネチャーデザインのLEDデイタイムランニングライト

また、コーナーリングライトも付いております!!

 
 
ーその他ー

● ヒル・アシスト・スタート

● アクティブクルーズコントロール

● 緊急ブレーキアシスト

● 緊急ステアリングアシスト

● レーンキープシステム

● 交通標識認識

● クロストラフィックアラート

● オートハイビーム

● アクティブ・パーク・アシスト

● エレクトロニック・スタビリティ・コントロール

・・・など

 
是非ご来店、お問い合わせお待ちしております。

 
 
 
GWも休まず営業しております!!

5月6日は振替休業日とさせて頂いております。

 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FORD MATSUSAKA

515-2121 松阪市市場庄町1148-1

 TEL0598-56-5220   MAIL:matusaka@f-l-c.jp
 
 

2021/04/27 岐阜

いろいろな名前

こんにちは。フォード岐阜の豊田です。

デザートアイランドブルーの新型PUMAに夕焼けが映りこんでとってもきれいです。この日はALL NEW PUMA Debut!ということで、多くの顧客様がご来店され、新型PUMAをじっくりとご覧いただきました。

FIESTAベースのコンパクトSUV。そして、マイルドハイブリットとFORDの魅力がぎっしりつまっていて、とってもおもしろくて魅力ある車です。『プチキャンプに行こう!!』って大声で言いたくなります。ピクニック以上デイキャンプ未満。コンパクトキャンプにはコンパクトSUVがピッタリです(^_-)-☆

 


先日、いつもお世話になっているK様がタイヤ交換でご来店。地元で有名な『シュークリーム』の差し入れをいただきました。ありがとうございました。めちゃくちゃ美味しかったです。PUMAに横目でじーっと見られてる??そんな視線を背中で感じながらお口の中に・・・。おいしゅうございました(*^▽^*)



 
シュークリームって、フランス語で「Chou a la creme(シュー ア ラ クレーム)」・英語で「cream puff(クリーム パフ)」・ドイツ語で「Windbeutel(ウインドボイテル)」っていうそうです。日本でいう「シュークリーム」は和製語なんですよ。そして「シュー」はフランス語で「キャベツ」のことを言うんです。確かにシュー生地の部分はキャベツに似ています。
誰が最初につけたかはわかりませんが、名前って面白いですよね。じゃあ、クルマの名前ってどうかしら?

Mustangの名前は、「北米からメキシコの平原に生息する、野生の小型馬」を意味する英語です。PUMAはピューマからとっています。KUGAは・・・これはアメリカライオンかと思いきやスペルが違うので造語のようです。

そういえば日本車スズキのラパンはウサギですね。エンブレムとかにもウサギちゃんついています。パジェロは野生の猫のことなんですって。ほかにもフィアット・パンダとかVWビートルとか・・・。意外にいきものの名前に由来するクルマは多いですね。一度じっくり調べてみようかな。

 


 
 


復活した【フォード・プーマ】のブランド。

ゴールデンウィークも営業しております。

ぜひフォード岐阜にお越しください。

2021/04/25 松阪

PUMA入庫致しました!!

 
こんにちは、フォード松阪です!!

 
先日フォード松阪にもPUMAが入庫致しました!!

 
 
 
 
 
 
Desert Island Blue (デザートアイランドブルー)

 
 
 
Agate Black (アガットブラック)

 
 
FORD PUMA

ST-LINE 1.0L Eco Boost Hybrid

 
エンジンタイプ:直列3気筒ターボ

総排気量:999cc

駆動方式:FWD

トランスミッション:6速マニュアルトランスミッション

最高出力:155ps(114kw)/6,000rpm
最大トルク:240Nm/1,500-4,500rpm
全長:4,207mm 全幅:1,805mm

全高:1,537mm ホイールベース:2,588mm

乗車定員:5名 最小回転半径:5.1m 燃料タンク容量:42L

 
只今フォード松阪には、各色1台 計2台展示中です!!

 
 
 
また、ゴールデンウィーク期間の営業日は上記の通りです。

 
是非お問い合わせ、ご来店おまちしております!!

 

2021/04/22 四日市

走りを諦めないSUV ー PUMA ー

この度、エフエルシーにて導入した新規車種のプーマは日本のみならず欧州でも人気のカテゴリーであるBセグメントのコンパクトSUVです。
かつてプーマはヨーロッパ・フォードがリリースしていたクーペボディの車に使用されていた名前ですが、クロスオーバーのボディをまとって復活しました。

弊社ではST-LINEを導入し、まず先行し6速マニュアルのブルーとブラックを入荷し、ショールームにて現在ご覧いただけます。
これはマイルド・ハイブリッドでモーターにてアシストする155馬力仕様です。
なんと1000ccで155馬力もしぼり出しているのです!

早速、わずかの距離ながら試走してみたのですが、これがもう凄いの一言しか出てきません、、、
ヨーロッパの現地での記事を見ると、かなりの高評価を得ているので、その走りは乗る前から予想はしていたのですが、実際に走らせてみると、それは想像を超えており、アクセルペダルを踏みこんだ際の加速は、もうほとんどフィエスタST(1500cc EcoBoost)にほぼ肩を並べる程のフィーリングを感じました。
排気量がより小さい1000ccとして見ている分、インパクトはより大きく、アクセルペダルを踏み込む自分のつま先がドライブシャフトと直結したような錯覚を覚える程です。
とにかく、一般的にはクロスオーバーの車体のクルマは重心も高くなり、走行性能の面で通常のハッチバックやセダンに比べ、ダルであったりコーナリングでのスタビリティで劣ったりしがちですが、このプーマは全くそんな素振りも見せません。
走りを諦めないSUVと言えます!
この素晴らしいブランニューカーを一刻も早く、皆様の元へお届けしたいです。

デイタイム・ランニングライトを含めたヘッドライト形状などのディテールがフォードGTで示したデザイン・コンセプトを取り入れ、次の世代のアイデンティティを形成しています。
全体のフォルムはカッコよくもあり、また見方によってはキュートに見えたりと、とても魅力的で、どなたにでも愛していただけるクルマです。 もしどうしても2ペダルでないと!いう方はもう少しお待ち下さい。夏ごろに7速のDCT(オートマチック)が入荷予定となっております。 そちらの方はマイルドハイブリッドではなく125馬力仕様で、ボディカラーはブルー、ブラックに加え、ホワイトとシルバーの4色でご用意いたします。

写真やスマホの画面で見るのと実車では全然印象が違うので、是非ショールームに見にいらして下さい。
私ども四日市店だけでなく、松阪店・岐阜店でも直接ご覧になれます。
スタッフ一同ご来店お待ちしております。
ページの上部へ戻る